破産した会社に過払金請求はできますか

会社が破産するときは全ての債務を負債という形で清算しますので、負債の一種である過払い金は取り戻すことができなくなってしまうのです。

過払い金請求をしようと思っていたら、多くの利用者が過払い金請求を行ったために会社が倒産していたということがあります。
運営していた消費者金融業者が破たんしてしまったら過払い金の請求をすることが出来なくなります。
“破産した会社に過払金請求はできますか”の詳細は »

こんな人は任意整理ですっきりしましょう

裁判所が介入しないので、提出書類や時間の拘束などが比較的少ない。 市町村役場の破産者名簿に載らない。

借金の返済に悩んでいる方は債務整理という方法があることをご存じでしょうか。
司法書士や弁護士などの専門家に任せたい、基本的に支払う方向で和解をしたい、月々の返済額を減額したい、
“こんな人は任意整理ですっきりしましょう”の詳細は »

自己破産も債務整理の手段の一つです

自己破産することによって全てが失われるわけではありません。また人間差別が怒るわけでもありませんから、選挙権が失われる、周囲の人間にばれてしまうなどということもありません。

自己破産とは債務整理方法のひとつで、裁判所へ申し立てをして借り入れたお金をなかったことにする手続きです。

人生を再スタートするという意味で制定されています。

自己破産というと、どうしても暗く人生おしまいであるというようなイメージが付きまといますが、自己破産手続きは人生をやり直すための前向きな制度ですから落胆することはありません。
“自己破産も債務整理の手段の一つです”の詳細は »

債務整理の中の特定調停の意味と意義

債務整理の特定調停は返せない人は合意せず、次の手段を弁護士や司法書士と相談したほうが良い。自己破産可個人再生手続きなども検討することです。

債務整理の特定調停は借金が圧縮されるものではありませんし、自己破産のように支払いが免除されるものではありません。毎月の返済に充てる資金繰り計画を確保し、無理のない返済計画を形成するためのものだけなのです。
“債務整理の中の特定調停の意味と意義”の詳細は »

特定調停不成立の場合の債務整理はどうなるの?

特定調停の債務整理で納得がいく結論が出ない場合は訴訟や個人再生、自己破産をする必要があります。

債務整理の特定調停が不成立の場合(たとえば、過払い金取り返しもできず返済計画も債務者が納得できないような内容でいたり、債権者があまり誠意のある対応を見せなかった場合など)はその後の訴訟や法的手続きや自己破産、個人再生の検討をする必要があります。
“特定調停不成立の場合の債務整理はどうなるの?”の詳細は »

特定調停手続きはどんな債務整理なの?

債務整理の特定調停は、過払い金請求の訴訟を別途起こさなければ返済計画の妥当な線で合意を求める以外は積極的な払いすぎ金利の取り戻しには動きません。

特定調停手続きの債務整理の特徴を次にまとめてみました。民事調停は相手方の居住地、もしくは事務所の所在地を直轄する簡易裁判所が管轄になります。特定調停のほかに、債務整理には「任意整理」「自己破産」「個人再生」といった法的手段があります。
“特定調停手続きはどんな債務整理なの?”の詳細は »